歯医者のお勉強 歯科業界の事やよい歯医者さんの見分け方。歯科衛生士の求人等解説します

  • 歯医者のお勉強ブログ

歯医者のお勉強では理想的な歯科医院や歯科衛生士や歯科助手のことについて解説いたします。

歯科経営のこと

トップページ > 歯科経営のこと

歯科経営コンサルティングとはどういったところ?

歯科経営と歯科医師先生

歯科経営と歯科医師先生歯科医師先生は30台半ばにして独立を考える先生が多いです。なぜならやはりその先生方の思い描く理想的な歯科医院はなかなかないからです。やはり歯科医師の先生は30台半ばから40台に差し掛かると独立を考え、自分の思い描く理想的な歯科医院を作ろうとする方も多いです。そういったときに経営と歯科医師の先生を兼任すると時間がとらわれてしまうので歯科経営コンサルティングの会社などを利用する場合が多いみたいです。

そういった会社では、歯科衛生士、歯科助手の雇用、求人の問題なども解決してくれるので、先生方は治療に専念できるということです。また新規開業の際には内覧会などを開催し、地域の方に知ってもらうためにはとてもよいサービスを提供してくれると評判です。


歯科コンサルティング

歯科経営ってお金がかかるのでは?

歯科経営ってお金がかかるのでは?歯科開業資金はいったいいくらかかるものなのでしょうか?考えたことはありますが?ここでは例を挙げてご説明したいと思います。

一般的なテナントと歯科ユニット3台ほどでいったいいくらなのでしょうか?ざっくり計算してみましょう。1、開業場所などを借りるための費用、約500万円。2、内装費用、約1500万円。3、医療機器にかかる費用、約1200万円。4、宣伝費、材料費、事務費用など約300万円。

ざっと計算してもこれだけで約3500万円です。それに加えて「運転資金」といわれるものがあるので、つまり4500万円ほどはみておいたほうがいいのです。こういった資金も歯科コンサルティング会社などを通じて資金調達する歯科医院も多いみたいです。


歯科コンサルティング

歯科医院の経営は増え続けている

歯科医院の経営は増え続けている有名な話ですと、今や全国の歯科医院の数はコンビニの数よりも上回るといわれています。

これだけある歯科医院の中から自分にあった歯科医院を探していくのは至難の業かもしれませんね。ただ妥協するわけには行きません。なぜならご自身の大切な歯にかかわることで、一度削ってしまったらもう元へは戻らないからです。だからこそ本当によい歯医者さんを見つけるべきだと思います。